車のリサイクル法について

リサイクル法って?

車の売買においてリサイクル券というのは非常に大きく関係してきます。
リサイクル券というのは正式名称は預託証明書です。
リサイクル料をしっかりと収められているのかどうかを証明する証明書になります。

 

リサイクル法というのは車の処分において様々な部品が使用されており、コストがかかります。
車解体において、正しい方法で処分をしなければ地球の関係において悪影響を及ぼしてしまいます。

 

そのため処分をするうえでは色々と費用がかかります。
そのようなコストをカットするために、自動車を違法に不適正な処理をして廃棄している業者が増えてしまいました。
それが社会問題となっていました。

 

そこで、処分にかかる費用を車購入時に支払い、メーカーには車のリサイクルをするように義務付けているのです。
車購入前にリサイクルにかかる費用を支払う前払いの仕組みです。

 

ただ、リサイクル券、つまり預託証明書は一時的にお金を預けている、ということです。
車の所有者が変わる時にはお金を返金してもらうことができます。

 

リサイクル券の再発行というのはインターネットで行えます。
車を売却する時であったり、所有者の名義変更時に必要になります。

 

リサイクル料金というのは車種によって少しずつことなりますが、1万円から2万円前後が大体の目安になります。
エアコンがあるのか、エアバッグが何個ついているのかなどによって料金は変化します。

 

このリサイクル券を紛失してしまう人が多いですが、自動車リサイクルシステムから所有している車の情報を入力すれば再発行が可能です。