修復歴について

修復歴の意味って何?

事故車が中古車市場に出回る時、あるいは流通するときは、車の損傷の度合いに応じて「修復歴」というものがつく決まりとなっています。
例えば、壁やガードレール、あるいは電柱などにぶつかって破損した車をそのままの状態では売りに出すことはできません。ですから車の修理をしなくてはいけませんが、その際にヘコミの修復や再塗装程度のものであれば、軽微なものとして修復歴はつきません。

 

自動車のメインフレームと呼ばれる骨格やエンジンルームなど、その車にとって走るにあたって致命的な部分を修理する場合に修復歴がつくのです。
こうした修復歴がつく事によって、中古車を購入しようとしているユーザーはその車が過去に問題のある車かどうかがわかることとなるのです。
メインフレームなどの骨格は、一度修理してしまうと(ゆがみを直すと)、どうしてもプレス当初の金属強度よりも劣ってしまいます。ですから安全性能に関しては若干問題が生じてきますので、修復歴も箇所によっては無理な運転をしない限りさほど問題にならない部分もあるということで、こうした修復歴の詳細などは、ちゃんとした販売店であれば教えてもらえるようになっています。
修復歴がつく事によって、その自動車の安全性と信頼が落ちますが、もちろんそれだけ値段が安くなるのです。
たとえ安いからといって、安全性に問題のある修復履歴車に乗るのは嫌だと思うかもしれませんが、箇所や程度によりますので、場合によっては、相場以上に安い買い物ができて得をする場合が多いのです。

 

こうした修復歴の表記がある中古車は、過去に事故や災害などでボディに損傷を受けて、それを修復した自動車という事になるので、中古車購入の際はチェックしておきましょう。