所有者がディーラーの廃車手続き

所有者がディーラーの場合の廃車手続き

車の所有者がディーラーの場合の廃車手続きは通常の必要書類とは違います。

まずはそのディーラーに問い合わせてみましょう。

 

所有者がディーラーになっている場合は、その会社にクレジットが残っている場合や、登録をディーラー名義にする必要のある代車や試乗車で使われていたということです。

 

支払いの残額がなければディーラーはすぐに承諾してくれます。
ただし書類が必要です。委任状に会社の印鑑を押してもらうのももちろんですが、一般の印鑑証明と会社の登記簿が必要になるので、すぐに会社に訪問して貰えない場合もあるので、まずは自分の状況をキチンと伝えて、車検証をディーラーにファックスしましょう。

 

そうすれば会社に訪問するときに書類をもらえます。

 

書類が揃ったら陸運事務所に持ち込みますが、そこは業者がたくさん出入りする場所です。
一般的にわからない人は必ず質問しましょう。もし自信がないのなら思い切って名義のディーラーにお願いするのも手です。
その場合は金額はかかりますが、安心確実な方法です。

 

その他、今は解体車買取専門店等もあるので、そちらで無料で手続きまでしてくれるお店も多くありますので、お金をかけたくない場合はおすすめです。